占われる人の気持ちに寄り添う事が大切なルーン占い

ルーン占いのやり方

スプレッドとキャストの2種類があります。

スプレッドは、黒い袋などの中に、ルーンの文字が記された石などを入れます。

おみくじのように一つ抜き取る形式になります。

そして、抜き取ったルーン文字を元に占い結果を伝えます。

より精度を高める為に、占われる人の気持ちをしっかりと聞き取り、占われる人と同じ気持ちを共有します。

そして相談内容や悩みを細かく把握する事も必要です。

占い結果には必ず悪い面が現れます。

その事も正直に話し、より良い状態にしていく為の行動を考えてあげましょう。

もう一つのやり方のキャストは、円が描かれた布などの上空からルーン文字が記された石などを落として、その結果で占う方法です。

ルーン占いの歴史

ルーン占いは、ルーン文字が記されていますから、紀元前100年頃に北欧のゲルマン人によって始められたのではないかと言われています。

北欧神話の原典「古エッダ」にルーン文字の事が記されています。

しだいに、ルーン文字は神格化されていきました。

近代に入ってから呪術的にルーン占いが行われるようになりました。

ルーン占いでは何が占える?

キャストという占い方法なら、人間関係を始め様々な事を深く細部まで占う事が出来ます。

スプレッドは、手軽でわかりやすい占い方法の印象がありますが、回数を重ねる事で木の幹から枝へ、枝から葉に進むように、どんどん細かく狭めて占う事が出来ます。

タイトルとURLをコピーしました