占いはボジティブメンタルヘルスで利用している

対面占い、電話占い、メール占いなど、色んな占いを利用してきて、自分自身も占いに魅了されています。

特に社会人になってからは、なかなか対面式での占いを利用できなくなり、電話占いを利用してみたり、職場のパソコンやスマホからメールだったりアプリで占うこともしています。

隙間時間に利用できるのはメリットですし、仕事関係の悩み相談ができる相手がなかなか居ないので大いに助かります。

占いは当たる・当たらないで利用してはいません。

どちらかといえば、ボジティブメンタルヘルスで利用しています。

一言で言えば、ボジティブな気持ちや感情にしてもらいたいから利用しています。

仕事や職場について、楽しく、生き生きして、やりがいや意義を感じたり、達成感があり、満足できる状態に持っていってくれるのが占いの魅力だと思います。

意味のない仕事をさせられていると感じることもあり、転職を意識することがありました。

やる気に溢れ、ワクワクしながら仕事をしている自分を想像してみれば、新しい職場に移ることだと思えました。

占いにはジャンルがあります。

スピリチュアルな分野ではオーラ鑑定ですし、誕生日や手相から占うこともあります。

私の場合にはタロット占いを利用しています。

場に出たカードのメッセージを紐解けば、流れに身を任せるのが無難という内容でした。

事の成り行きや方向性を示してくれる人物が近くにいるらしく、人生は思うようにいかないことばかりだが、それを悲観することはないとメッセージが伝えてくれています。

一見、大変そうに見えることも、私のチカラをもってすれば、必ず乗り越えられるはずだと伝えるメッセージでした。

良いことばかりを並べていますが、これがボジティブメンタルヘルスです。

反対にネガティブメンタルヘルスならば、関係改善の必要性があっても、どうすればよいか分からず、膠着状態から抜け出せていないというカードが出ました。

行き先を変えるより、その行き先を変えることでうまく行くのではないか、方向転換の必要性をしっかり私の脳裏に焼き付けるメッセージになりました。

実際、占ってみて当たっているところばかりです。

でも気持ちで動くようにすると、依存は避けられます。

タイトルとURLをコピーしました