風水のやり方や歴史は?どんなことが占える?

風水のやり方や歴史、占えることなどについて紹介したいと思います。

風水のやり方

風水のやり方はいろいろありますが、主に、運気をアップさせるために身の回りのものや、インテリアの位置などを変えたり、身につけるものを変えたりして気の流れをよくしていくということです。

玄関に自然光の光を取り入れるようにすると運気が上がりやすいとか、寝室にラッキーカラーのものを置くとよいといったように、インテリアやものなどを取り入れたり、配置を変えたりして開運していくというのが風水のやり方になります。

風水の歴史 

風水とは今から約4千年前に中国で発祥した気の力を利用した環境学で、中国で風水を学んだ人が日本に持ち帰りアレンジをして広めたと言われています。

日本に広めるときにアレンジされたことにより、中国の風水と日本の風水では少し違うところがあります。

中国と日本の風水は似ていますが、ところでどころで違いがあります。

風水では何が占える?

風水占いではその家の情報や住んでいる人の情報などから総合的に判断して、今のままだとどうなるかや、これから風水を使って開運するとどうなるかが占えます。

風水で占いをして開運していくことにより、よい運気を引き込み悪い流れから良い流れへと変わることがあります。

風水は開運や金運アップのために使われていて運気をよくしていくためのものです。

だから開運したい方や運気をアップしていきたい方におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました